エロ情報まとめ パコパコヘブン

旦那が居るのに、昼間から玄関で…

不倫セックスで毎回中出し

玄関でセックスをしている光景
旦那とセックスレスになり、不倫関係になってから3年が経ちました。
不倫相手の男性は、毎回私と会うと「可愛いな」と言ってくれます。
そして、不倫関係の最初みたいにハグをしてキスをして、
旦那には全くないテクニックで私を魅了して…
それだけで下半身がうずくんです。
いつも家の中には上がらず、玄関でシャツを乱暴にまくり上げられ、
はみ出したおっぱいを揉まれ、舐められます。
「あん…あぁ…」とよがる私に「もういい?帰っていい?」と意地悪な事ばかりをします。
しかし、「だめ…もっと気持ち良くして…」と甘えた声で彼を誘惑します。
彼は片手でおっぱいを揉みながら片方の手でスカートをまくり、
パンツの上からマンスジをなぞってくれ、
あまりの気持ち良さに腰から砕け散ってしました。
旦那は私のために仕事頑張っている中、私は昼間から近所の男性と玄関で淫らな行為をしている。
こんな背徳感を感じる事はなかなかできません。
それから、彼はようやく部屋に上がり、普段主人と寝ているベットの上で二人で全裸になりました。
彼はクンニが大好きで玄関でもクンニをしてくれ、この時はいつも以上に激しく舐めてくれました。
ねっとりとたっぷり愛撫をしてくれ、卑猥な音を立てながら吸ったり、
転がしたり、
私は口と手だけで何回もイってしまいます。
完全に彼に支配されてしまった私の体は、
肉棒が欲しくなり、自分からおねだりしました。
「早くあなたのチンポが欲しいです…」って
普段の私からは想像もできない淫乱な声に彼も興奮したのか
ゴムを付けずに挿入しました。
主人とのエッチでは想像も出来なくらいイキっぱなしで、
彼は私に了承もなく中出しをしました。
中出しをされた後も「もう一回入れて?お願い…」と肉便器の様な声を出す。
主人にはかなり申しわけない気持血がありますが、彼とのセックスは絶対に忘れられません。